本格的なパンを家庭で味わいたいなら教室に通おう

男性

料理を学んで食卓を豊かに

パン

レベル別のコースを提供

家庭の食卓に欠かせないパンは、ホームメイドも可能です。全国のパン教室では、一般の方に色々な作り方を教えます。こういった教室には、大体において複数のコースが設けられています。技術レベルに応じて、コース編成をしているのが多くの教室す。初心者向けのコースは、初めてパン作りにトライする方を対象とします。生地の配合や、こね方などを一通りマスターするのが主な内容です。実際にパンを焼いて、各回の教室は幕を閉じます。コースの全課程を終了すると、大体において自分でもパンが作れるようになります。よりレベルの高いコースになると、少し難しいパンにも挑みます。熟練者が多く利用するコースでは、本格的なパン作りを行います。

各課程を修了するのが先決

料理教室の例に漏れず、パン教室でも学習を続けていくとゆくゆくは資格が取得出来ます。ただパンの場合には、資格取得が出来る段階に至るまで、様々な学習を行う努力が求められます。ある教室の場合は、熟練者向けのコースを修了した場合に、資格が得られます。この場合、資格がもらえる時点で高度な技術を習得している必要があります。資格取得は、各教室ごとのシステムに沿って進んでいきます。ですので、求められるレベルや資格の内容などに、違いが出てきます。一見簡単そうに見えるパンは、熟練した技術を身に着けるまでに、思いの外時間がかかります。どの教室においても、毎回の学習を地道にこなしていくのが、出来るだけ早く資格を取るための近道です。

お菓子作り

性別を問わず人気の仕事

洋菓子を手掛けるパティシエになるためには、作り方だけでなくそのお菓子の知識を身に付ける必要があります。最近では、未経験者でも店舗で修業を積む人がいますが、一から知識や技術を学びたいなら専門学校に通った方が良いでしょう。

バリスタ

カフェの勉強をしたい

最近のカフェブームの影響でバリスタの資格取得を目指す人が増えています。資格は民間資格でコーヒーマイスターやJBAバリスタがあります。自身の目的に合致するものを選びましょう。認定スクールに通うのが受験の条件のものもありますので、よく調べて下さい。

婦人

コーヒーの専門家になる

バリスタは、コーヒーを中心としたドリンク類に精通したスペシャリストです。ライセンス制度があり、カフェで働く際、あるいは自らがカフェオーナーを目指す際に持っていると非常に役に立ちます。知識や技術を学べるスクールは全国にあります。